お葬式には様々な形式がある

ビル

現在行われているお葬式の形には様々なものがあり、大きく分けると2つのものがあります。1つ目は、仏式やキリスト教式など特定の宗教による形式で執り行われるお葬式です。2つ目は僧侶や牧師などを招かずに執り行う、宗教色が薄い形式のお葬式になります。それぞれに特徴があり、祭壇の形やその有無、葬儀全体の流れ、かける日数、葬儀にかかる費用などがまちまちになっています。葬儀の規模についても、直系の家族やごく親しい親族だけを集めて少人数で行う家族葬から、企業が主催して執り行う社葬などがあり非常に幅広いです。どういった形式のものを選択するのかは、故人の意思や立場、ご遺族の意向などにより決められることがほとんどとなっています。

葬式における受付について述べる

ビル

生活の中では、お付き合いとして葬式に出席する場合がありますが、その際、会場では受付を設置している場合があります。親族などが担当する場合もありますし、葬儀社の人が担当として作業をこなす場合もあります。言葉を交わす事があるならば、『この度は、ご愁傷様です。』程度にしておきます。この受付でお香典を提出し、記帳を済ませてから、葬儀に出席する事になります。ここが葬式会場の入り口と出口を兼ねている事が多いので、葬儀が終了した後も、この受付を通る事になりますが、その際、葬式の主催者側から香典返しとして、何か軽いものが渡される場合もあります。箱の外にお塩の袋がついたハンカチなどが渡される事があります。帰宅したら、家に入る前にこのお塩を体に振ってから、家の敷地内に入る様にします。