低予算で出来る葬式とは

ビル

最近のお葬式は、格式ばった形式で行われるよりも、低予算で簡略して行われる風潮があります。たいていの葬儀会社は予算によって葬儀プランを設定してあります。一般葬、家族葬、無宗教葬、社葬、団体葬、自然葬、直葬などのプランがあり、一番低コストで行うことができるのが直葬です。直葬は火葬式とも言われていて、儀式的なことは行わずに、火葬だけ済ませることを指します。セレモニー会場を抑えて祭壇を作ったり、会葬者を招いたりする必要がなく、火葬場だけ借りればいい一番簡単な葬儀になります。葬儀費用の相場は20万円ほどですが、10万円くらいで出来る場合もあります。三分の一の人が直葬で済ませているというデータもあります。

葬式の受付を頼まれた場合

ビル

葬式においての受付とは、非常に重要な役割りとなります。参列者が一番最初に顔を合わせることになり、会場で最初に言葉を交わすのも受付でしょう。とは言っても仕事自体はとても簡単です。基本的には参列者から香典を頂いた際に、お礼を言ってお返しの品を渡し、参列者と名簿のチェックをします。参列者への会場の案内を頼まれる場合もありますが、大体は分かりやすいように会場に案内があります。仕事内容としてはこの程度ですので、誰にでも出来る簡単な役割りとなります。年齢でいったら中学生以上なら任せても大丈夫でしょう。実際に親族の中学生でも葬式の受付を任されている場合もあります。以上のように誰にでも出来る役割りなので、もし葬式の受付を頼まれた場合は快く引き受けてあげましょう。