葬式とお通夜の流れとマナー

ビル

葬式は遺族や親族、友人や知人たちが集まり故人の成仏を祈り、別れを惜しむ儀式です。最初に行われるのが通夜です。通夜は遺族や親族が故人の棺によりそい、一晩中お線香を絶やさないようにして行われるのが普通でしたが、今は半通夜といって数時間だけ行われるのが一般的となっています。通夜では僧侶の読経と参列者のお焼香があります。通夜が終わった後には通夜ぶるまいという儀式がある地域もあります。通夜ぶるまいとはお寿司などの料理をみんなで食べて故人の思い出話をすることです。関東地方では昔からありますが、関西地方ではない場合もあります。通夜ぶるまいは遠慮して断るのはダメです。参列者は必ずみんな参加するのがマナーです。

葬式における受付の流れ

ビル

葬式では、式場へ行ってまず初めにしなければならないのが、受付です。葬式の規模にもよりますが、できれば余裕を持って式が始まる30分前には来場し、15分前までには済ませておきます。用意した香典もここで渡します。渡す時は「この度はご愁傷様です」など簡単な挨拶を述べて渡すと良いです。香典を渡したら、自分の名前を書きますが、もし代理で葬式に参列する場合は、そのことを伝えてから記帳します。コートや荷物など預かってほしいものがある場合も受付の人にお願いします。香典返しや会葬礼状などがある場合は、受付の人から渡されますので、その時に返礼品を受け取ります。他にも参列する人がいるので、お悔やみの気持ちを伝え、香典を渡す、という流れでスムーズに受付を済ませます。