葬式を業者に依頼するメリット

ビル

葬式に参列する際に香典を持参しますが、受付で手渡すときには香典袋を開封され中身を確認されます。その場で領収書を渡されるのが通常ですがごくまれに中身が入っていない場合があるので確認をするとは大切なことになります。受付担当者が金額を確認し、領収書の控えと照らし合わせて入金金額を集計しますが最近は葬儀業者が業務の一環として行う場合がほとんどです。以前は近所の人など葬儀の手伝いをしてくれる人が請け負っていた場合がほとんどでしたがお金に関するトラブルが少なからずあるのが現実だったのです。業者に委託することで問題が発生した場合も業者の方で対処してくれるので葬式を依頼する側にとっても安心につながっています。

葬式の受付は大切です

ビル

昔は葬祭場がなかったので、町の隣組でお手伝いを出して家で通夜をして、お寺でお葬式という形が一般的でした。今では通夜から葬祭場で行って、葬式も葬祭場の社員の方にほとんどしてもらえますので隣組などのお手伝いは必要なくなりました。そんな中とても重要なのが受付です。受付は香典などお金を扱いますので、お金の管理はやはり信頼できる人に頼む必要があります。この頃は日中の葬式に出席できない方が通夜の席に香典を届けられたり、通夜に香典を持っていらっしゃる人も多くなりましたので、通夜の受付も重要です。出席者にタクシー券を渡したり、お弁当券を渡したりということがあるときには受付に一緒に立ってもらい、そうした方に別に渡してもらう役目もあります。家族は通夜や葬式が始まれば動けなくなりますので、信頼できる人を人選したいものです。